今週の一冊 · 2019/05/22
平成3年初版 平成29年49刷   塩野七生著 新潮文庫 1453年5月29日(今から566年前)ビザンチン(東ローマ帝国) の首都コンスタンティノープルはオスマン帝国によって陥落。 その1年前(1452年)から陥落の瞬間までを描いた小説。 実際の史実とは異なるところはあるとわかっていても、世界は こうやって様々な人の思惑やある一瞬の判断によって、その後...
例年この時期、梅雨前の5月は過ごしやすい天気が続くのですが 今年はなかなか爽やかな天気が長続きしませんね。だからこそ 晴れるといつも以上に爽やか。気持ちもリラックスできます。 そんな穏やかな先週末は東京ジャーミイというイスラム教モスク の見学に行ってきました。ちょうどオスマントルコに関係ある本...
今週の一冊 · 2019/05/14
1980年初版 2018年100版!   ジェイムス・P・ホーガン著 池央耿訳 創元SF文庫 1977年に書かれた2028年の世界。月面には基地があり 多くの観光客が訪れる。その月面で発見された死体。 チャーリーと名付けられたその死体は・・・・! グイグイと引き込まれてしまいました。久しぶりに読んだ 海外SF小説。こんなにもおもろいなんて!...
令和になって2週間。おかわりはございませんか? ふと気付いたのですが、まだ一度も「令和」と署名する 機会がありません。先日署名した書類にはまだ平成と 書かれていて、何も疑わずに自然に平成31年5月と書いて 普通に受理されて、、、。 まだ平成と令和が重なり合ってる瞬間を感じたものです。 時代はそうやってゆっくりと変わっていくものなのですね。...
今週の一冊 · 2019/04/30
行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」  2013年 ダン・アリエリー著 熊谷淳子訳 ハヤカワ文庫 ホントに人って合理的に判断できない、行動できないんだなあ、 ということがよくわかります。人ごとではなく自分もそう。 モノの価値を最初にインプットされると、それを基準にして しまって、わかっていてももうその呪縛から逃れらさないし、...
今年のゴールデンウィークは天候が安定しませんでした。 この時期は毎年晴天が続いていたイメージがあるのですが、 気温も上下するし、雨になったり晴れたと思ったら雷雨に なったりで大忙し。特に大きなイベントもなかったのですが、 天気の変化で楽しむことができました。 そんな連休に入る前とまだしばらく続く新人研修なのですが、...
今週の一冊 · 2019/04/23
2009年 村上春樹著 新潮社 体の中から足りなくなると定期的に読みたくなる村上春樹。 発行は2009年なのでもう10年前なのですね。つい最近の ような気がするのですが、、、。そんな「1Q84」も3回目。 あらすじも登場人物もわかっているのに、読む度に感じる ところが違いますね。再読はそこが楽しい。思い返すと、...
今年の4月は天候が不安定でしたね。急に寒くなったり、 暖かくなったりで体調管理が大変。研修が続いている時は 不思議と気力で乗り越えることができるのですが、ここ 数日花粉症が復活。ちょっと辛いですねぇ。 さて、新人研修も終盤に差し掛かってきて、先輩に参加 してもらったり、ビジネスマナーの復習を行ったり、...
今週の一冊 · 2019/04/16
2019年 柴田友厚著 光文社新書 未だ世界の中でトップを走るファナック。そのファナック とインテルがどのような関係なのか。タイトルに惹かれて 購入。示唆に富んだ本でした。 高収益企業の代名詞のようなファナックの生みの親が 富士通であることはよく考えると周知のことですが、 実質上のファナックの創業者である稲葉清右衛門氏が...
新人研修も前半の後半に入ります。今年も多くの新入社員 から刺激をもらっているのですが、それより何より今年は 寒かった。こんなに寒い4月ってあったっけ? 片付けたコートを引っ張り出してしまい、ときめきの 片付けの機会が少し伸びてしまいました。GWは一気に 片付けます! そんな新人研修を行いながら考えているのが、”成長する”って...

さらに表示する