今週の一冊 · 2019/01/09
「ガンジス河でバタフライ」  2002年初版 2018年22版 たかのてるこ著 幻冬舎文庫 沢木耕太郎の「深夜特急」的なバックパッカーとしての旅の本。 面白いというか凄まじいというか、なんというか。 こんな旅ができたら楽しいだろうなと思うものの真似できない。 この本で旅しているのは香港、シンガポール、マレーシア...
2019年も今週から本格的なスタートの方も多いと思います。 本年もよろしくお願いいたします。 年の初めに1年の目標を立てた方もいらっしゃるでしょう。 私も昔は1年の目標を書き初めしたりしていましたが、 1月の終わりにはすっかり忘れ、気がつくと2月、3月になり、 時が流れるのは早いなあと変な感慨に耽るばかり。それでは...
今週の一冊 · 2018/12/26
今年最後の今週の1冊。何を選ぶか悩みました。 何冊か読みました。そして決めたのがこれ。 ちびまる子ちゃんの原作者、さくらももこのエッセイ。 さくらももこさんは今年お亡くなりになりましたね。 ちびまる子ちゃんとても好きでした。特にいい話でも なく、お母さんの言うことは聞かないし、お父さんは 天然だし、お姉ちゃんとはよくケンカするし、おじい...
今年最後のメルマガだなあと考えていたら仰々しい タイトルになってしまいました・・・。 明日は何が起こるのか、誰にもわかりません。 もっと未来には何が起こるかわかるようになるのでしょうか。 昔、こんなことを目にしました。未来のことがわかるように なるとそれに合わせて行動する人が出てくるから未来は...
今週の一冊 · 2018/12/19
「君主論」1532年 マキアヴェッリ 岩波文庫 河島英昭和訳 たまには古典も読んでみようと思い、まず手に取ったのがこれ。 これまたいい本に出会えました。 イタリアルネサンス期のフィレンツェの外交官であるマキアヴェッリ。 そしてこの君主論の最初の出だしが、 「偉大なるロレンツォ・デ・メーディツ殿下に」...
今年も残すところ2週間あまり。やり残したことはないか しっかりとチェックをして年末を迎えたいと思っていた そんな年の瀬のある日、とあるお店でこんな会話が聞こえて きました。 「俺ってさ〇〇だし、△△で、**だから、もし生まれ 変わっても俺は俺になりたいな」そのあと色々と話は続く のですが、それを語っていた人のなんとも普通の雰囲気に...
今週の一冊 · 2018/12/07
心理学者であり、臨床倫理学、カウンセリングの先駆者 である河合隼雄の5つの講話がまとめらられています。 先日取り上げた最相葉月のセラピストでも「箱庭療法」が テーマなのですが、その箱庭療法を日本で初めて導入した のも河合隼雄。これまで対談集は読んでいたのですが、 このような肉声に近い内容を読んだのは初めてでした。...
今年も残すところあと3週間。平成最後のクリスマス、 年末年始ですね。穏やかに迎えたいですね。 今年は歯の痛みに付きまとわれた年でした。5月に歯の 詰め物が取れてすぐに歯医者に。治療はすぐに終わった のですが、程なくして冷たいモノがしみるようになり、 ビールを美味しく飲めない辛い日々が、、、。 やっと最近完治しました。...
今週の一冊 · 2018/12/04
初版は1980年。高校生の時に読んで以来の再読。 高校生の時にどのくらい理解できていたのだろう? 38年の時を経て人生を重ね、再読して気づくことが たくさんありました。 コインロッカーに捨てられ、奇跡的に助かったハシとキク 兄弟として養子に引き取られ、それから先の狂気に満ちた 人生。心とカラダのたぎるようなエネルギー。...
朝ラン、気持ちいい季節になりました。 ひんやりと少し寒いくらいの気温、適度な乾燥、そして青空。 走り出すと体が温まり、朝の1,2時間はぽかぽかといい気持ち。 そんな朝ランで出会うのが元気な小学生。黄色い帽子に色とり どりのランドセル。それにしても子供ってどうして朝からあんな に元気なのでしょうね。子供たちだけで楽しそうに通学できる...

さらに表示する