一人ひとりに寄り添う

8月も後半に入りました。季節が巡るのは早いものです。
秋の気配を感じます。

そんな秋は研修の季節でもあります。

4月入社の新入社員を対象にした研修。そんな若手を育成する
ための先輩社員を対象にした研修、あるいはこれからの会社の
未来を考えていく研修など テーマも対象も場所も様々なの
ですが、共通していることがあります。

それは「一人ひとりに寄り添う」ということ。
最近の若者(新人)はそこにはいません。AさんBさん一人ひとり
違う意見を持ち、感性も違うし、会社に対する向き合い方も得意な
マネジメントスタイルも違う唯一無二の一人の人。

その一人ひとりの人にいかに向き合い、それぞれの人のことを
尊重し、どうしたら伸びるのか、もっと楽しく仕事は、そして
豊かな人生になるのか。そんなことを考えて研修を行っています。

研修で触れ合う時間はほんの数日、数時間。その時間で何が
できるのか。短いようでも濃い時間にすることはできます。
せっかく日常の仕事を離れてその場にきている人たちなの
ですから、何か持ち帰って欲しいのです。

今年の秋の研修には、その数日の研修で出会った人を異なる
会社に招いて話をしていただく機会を作ることができました。

そこでどんな出会いが生まれるのか、今から楽しみです。