刺激は何かを生み出す?

人は油断すると世界がどんどん狭くなってしまう。

毎日同じ時間に起きて、同じ電車に乗って、同じ人に会って、

同じ仕事して、、。そんな安定も悪くはありませんが、

そんな生活が長くなるとだんだんと淀みができて、思考が

固まり、世界がどんどん狭くなる、、、。

それではツマラナイですよね。


そんな生活を変えるのが他者との交流による刺激。


先日は、年齢/会社/性別/仕事がバラバラの人に集まって研修

を実施しましたが、同じテーマで話すだけで刺激の連続。

進行しているこちらが嬉しくなるほどエネルギーが満ち溢れて

きました。


そのような場は多くないのですが、その時学んだことが

私は異分子になろうということ。異分子、異質な存在、そんな

役割であった方が刺激を生み出し、場が活性化し、何か新しい

モノが生まれそうな感覚になる。そして、それはとても楽しい。


同じことの繰り返しの中で、たまには違う世界の人と交わる

ことで、ワクワクするんだな。という体感をしてもらいたいなと。


そのためには、自分から動くことが一番なのですが、なかなか

動けないですよね。だって新しいことは怖いですから。それが

当たり前の感覚だと思います。

だからこそ折角時間を作って参加している研修の場は刺激的に

していかねば。