動くこと。感じること

以前何度か書いていますが、初めての場所、新しい場所に

行くことが楽しくて仕方がありません。

出張の時はランニングシューズを持っていき、できるだけ

自分の足で走り回って、空気、匂い、音、五感全体で街の

雰囲気を知るようにしています。もちろん五感ですから、

その土地のものを食べることも忘れずに。


と、それはそれでとても刺激的なのですが、この3連休で

わかったことがありました。

何度も行った場所でも視点を変えるだけで新しいものが

見えてくる。


ちょっと時間ができて、ある駅に久しぶりに降りてみたの

ですが、雰囲気が随分変わっていてとても面白いスポット

に変身。街ってこんなに変わることができるんだ!と

新しい発見が。


そこで地元を改めて新鮮な気持ちで歩いてみると、、、。

うーん、ここでも新しい発見が!

人間慣れてしまうと何も見えなくなってしまうのですね。

いつものルートをいつものように歩く。何も見えない、

感じない。それがちょっと意識を変えて視点を変えるだけで

見えるものが変わってくる。面白いものです。


実は先日も研修で同じような体験がありました。

まさに、目の前にあるのに意識しないと全く見えていない。

現物がそこにあるのに!ヒトって面白いものです。


他の人との思いや意識のギャップってそんなところから

生まれるんでしょうね。同じものを見ているようで、

人によって見え方が大きく違うのですから。