本当にがんじがらめ?

ハラスメント、コンプライアンス、ダイバーシティ、、、
カタカナのそんな言葉に踊らされているのでは?
と感じることが増えてきました。

これやったらパワハラ!それ言ったらセクハラ!
コンプライアンスのために、書類が増え、手続きが増えて大変。
ダイバーシティ?何をどうしたらいいか指針を示してくれないと
動けません!そんな状態を目にすることが増えてきました。
マイナスに捉えてしまうとこんな反応になったりします。
・いろいろ面倒だから考えることはやめて言われた通りにやろう!
・言われた通りやってても成果は上がらないから、どうやって
 裏をかいてやろうか

いやいや、それではダメでしょう。

自分が今まで信じてきたことと違う、新しい概念であっても
その本質を考えて、知恵をしぼることができなければ、時代に
取り残されてしまいます。

ハラスメント。昔はこうだったし、自分もそれで強くなった。
→アウト!

コンプライアンス。法令を守ればいいんだよね?内規の方が
厳しいから内規違反だけど、法には反していないからOK?
→アウト!

ダイバーシティ。女性が働きやすい環境を作ればいいんでしょ。
→アウト!

いずれも本質を理解しようとみんなで本気で考えること。
多分、答えはそこからしか見つかりません。そして、その答えは、
変わり続ける。つまりは考え続けるしかないと思うのです。