· 

池袋ウエストゲートパーク

1998年文藝春秋(2001年 文春文庫)
 石田衣良著

重厚な本が続いたので、頭を切り替えて池袋西口公園。
2000年に放送されたテレビドラマの印象が強く、主人公の
マコトは長瀬智也が頭に浮かんで消すことができません
でしたが、ドラマとは違う展開で、いい意味で裏切られて
一気読み。小説の映像化はギャップがあってがっかりする
のもあるけれどこれはどちらも面白い。

最近何度か池袋に行く機会があったので、最近の西口公園
の印象と相まって、読みながら勝手に映像化されてくるん
ですよね。もちろんマコトにもタカシにもなれないけれど、
本を読みながら主人公になりきってみるのは自由。
いろんな本を読むって面白いものです。

そして、このI.W.G.P、シリーズ化されてまだ続いている
のですね。ちょっと頭が疲れた時に読んでみます。

そうそう、そしてテレビドラマのI.W.G.P。錚々たる出演者
で贅沢なドラマで面白かったなあ。