自分の思い通りにはならない

早いもので今年もあと2ヶ月。平成最後の秋も終わろうと
しています。秋の日はつるべ落とし。日が暮れるとあっと
いう間に暗くなってしまいます。
もう少し夕暮れを楽しみたいのに、思う通りにはいきません。

そう、自分の思い通りにならないのは他人も同じ。自分の
ことさえ、なかなか思う通りにはならないのに、ましてや
他の人格を自分の思い通りにしようなんて!
と、冷静に考えると当たり前のことなのですが、部下育成で
悩んでいるマネジャーの多くは、部下が自分の思う通りに
動かそうとしていることが多いのです。

簡単に自分の思い通りにはなりません。まずは、部下が何を
したいのか、どうしたいのか、どんなことにつまずいている
のか、何を求めているのかをしっかりと見極めること。
部下が嬉しいのはどういう時か、進んで体を動かし、頭を
使うのはどんな時なのか。それをきちんと見極めることが
先決です。

とはいうもののそんなに簡単なことではありません。部下も
自分がやりたいことや本当に求めていることがわかっていない
ことが多いですからね。

そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

一緒に探すのです。一緒に考え、部下に動いてもらって、
考えさせて。これ、少し時間をかければできます。

この我慢が大事。ちょっと我慢すれば部下も喜び、成長し、
結果的にマネジャーが思う通りに動くようになりますよ。
自分の思う通り=部下の成長
であるはずですから。