· 

ももこの話

今年最後の今週の1冊。何を選ぶか悩みました。
何冊か読みました。そして決めたのがこれ。
ちびまる子ちゃんの原作者、さくらももこのエッセイ。

さくらももこさんは今年お亡くなりになりましたね。
ちびまる子ちゃんとても好きでした。特にいい話でも
なく、お母さんの言うことは聞かないし、お父さんは
天然だし、お姉ちゃんとはよくケンカするし、おじい
ちゃんはとぼけてるし、おばあちゃんは優しい。

その家族、そのままの家がさくらももこ一家だったの
でしょう。子供の頃のさくらももこ、楽しいです。
周りをよく見ているし、考えているし、理解しているし、
大人びている。それでもやっぱり子供。同じ失敗を
繰り返すし、何度反省しても同じことやっちゃう。

自分も子供の頃きっとこうだった。
忘れてしまっていた記憶が蘇ります。このメルマガでも
時々子供のことを書いていますが、子供って無限の才能に
満ち溢れている!素晴らしい存在です。

今年もあと1週間。子供の時の気持ちを思い出して
気持ちを新たに新年を迎えたいですね。